検索
  • ask751

バレエ×ジャズで彩る「堀内元 BALLET FUTURE 2022」今夏開催!



 ニューヨーク・シティ・バレエの創始者、ジョージ・バランシンの最後の愛弟子・堀内元(米国セントルイス・バレエ芸術監督)が、今夏「堀内元バレエ・フューチャー2022」を開催する。

 今回のテーマは「バレエ×ジャズ」。ゲストダンサーに、ヒューストン・バレエ プリンシ

パルの加治屋百合子やスターダンサーズ・バレエ団の池田武志など、国内外で活躍中の

ダンサーたち総勢約20名が集結する。


 第1部はバランシンの代表作のひとつである「タランテラ」のほか、堀内元振付の「バランチヴァーゼ」と「ル・サンティモン」を上演予定。

 第2部は、桑原あいトリオの桑原(ピアノ)・古木佳祐(ベース)・山田玲(ドラム)の「ジャズ」の生演奏と、バレエ×ジャズの「ジャズ・ア・ラ・フランセーズ」を、堀内元の振付・出演と加治屋百合子らが出演。クロード・ボリングの楽曲で桑原あいトリオの演奏でおくる。


 即興性と自由度の高いジャズとバレエの融合は、より活き活きとした生きたダンスを生み出し、エネルギッシュ且つ華やかな世界観で魅了してくれることだろう。


「堀内元 BALLET FUTURE 2022」

2022年7月26日(火)メルパルクホール東京

http://int-acc.jp/a2/artist/a2park/2204.html


閲覧数:41回0件のコメント