検索
  • ask751

ミュージカル『ジャック・ザ・リッパー』日本版上演決定


上段右から:加藤和樹、小野賢章、木村達成

中段右から:田代万里生、堂珍嘉邦、松下優也

下段右から:エリアンナ、May'n



本作は19世紀末にロンドンで実際に起きた猟奇連続殺人事件をモチーフに、

チェコで創作されたミュージカル。その後、韓国バージョンとして2009年に

上演された作品が日本版として初上陸する。


キャストは、加藤和樹が刑事アンダーソンと殺人鬼ジャックの二役を

回替わりで演じるというハードルの高い役どころに抜擢。

その加藤とのダブルキャストでアンダーソン役に松下優也、ジャック役に

CHEMISTRYの堂珍嘉邦が配役。

外科医ダニエルを木村達成と小野賢章がダブルキャストで出演、

新聞記者モンローに田代万里生、演出は白井晃、振付は原田薫が担う。


〇キャスト:加藤和樹コメント

「韓国でこの作品を観て、その世界観、音楽、芝居に圧倒されたと同時に、

この作品を日本版でやりたい!と強く思いました。素晴らしいキャスト、

そして演出は自分にとっての演劇の師である白井晃さん。

今回、僕はアンダーソンと切り裂きジャックの2役を演じます。

 対の存在である二役を演じるのは簡単なことではありませんが、

白井さんのもと、どこまでも挑戦していきたいと思っています」


〇演出:白井晃のコメント

「韓流ミュージカルのヒット作を、日本版として再創造できることに

喜びを感じています。19世紀ロンドンで起こった猟奇事件は、

私たちの心の中にある闇を浮き彫りにするかのようです。

その部分に光を当てることで、改めて人の本質とは何かを考えさせてくれます。

今回のカンパニーに参集したキャスト・スタッフとともに、新しい『ジャック・

ザ・リッパー』が生まれるべく全力を尽くしたいと思います」


ミュージカル『ジャック・ザ・リッパー』

2021年9月 東京・日生劇場

https://horipro-stage.jp/stage/jacktheripper2021/


2021年10月上旬 大阪・フェニーチェ堺 大ホール

38回の閲覧0件のコメント