top of page

ロックバレエ2023『ROCK BALLET with QUEEN』公開リハーサルレポート



3月15日に都内のスタジオにて公開リハーサルが開催された。

井澤駿を除く計7名のキャストが出席し、メディアとクラウドファンディング支援者の

計17名が参加した。


この日のパフォーマンスは、新キャストとなる二山治雄のソロ「Don't Stop Me Now」と、米沢唯ソロの「Killer Queen」、そしてダンサーとピアニスト壷阪健登による「The Millionare Waltz」が披露された。


出演依頼を受けたときのことについて、新メンバーのふたりは、

二山治雄「このメンバーの中に入っていいのかな?滅多にないメンバーなので貴重」

今井智也「嬉しかった。こういう曲で踊る機会はないので楽しい」とコメント。


「キャストが変わったことによって、振付も変わるのか?」の質問に、

振付・演出の福田圭吾は、「変えるつもりがないんですが、(実際リハーサルしていると)

変わってゆく。それぞれのダンサーの個性がより出せるようにしています。

研さんは流れが変わるキーパーソンですし、治雄くんの踊りは幸せな気持ちになるし、彼の色々な面を見せたいと思っています」


「クイーンの曲は踊りやすいですか?」の問いに対して、

長瀬直義「インパクトが強い音楽に負けないようにしたい」

菊地研「クイーンが身体の中に降りてきてくれたら嬉しい」

米沢唯「おこがましいかもしれないけど、この曲は私のための音楽と思えるぐらい、この振 付以外考えられない思いで踊っています」。

今井智也「今は振りを必死に覚えています!」

二山治雄「最初はどういう風になるんだろうと思いましたが、音楽に合わせて踊ることに楽しみを感じてます」


福田は、「初演をそのまま再現するより、一つひとつの作品に、今できる自分のすべてを出そうと思ってます。今回も出し尽くせるように挑みます!」と意気込みを語った。



○演出・振付

福田圭吾/新国立劇場バレエ団ファースト・ソリスト

○キャスト

井澤駿/新国立劇場バレエ団プリンシパル

今井智也/谷桃子バレエ団プリンシパル

菊地研/牧阿佐美バレヱ団プリンシパル

長瀬直義/元東京バレエ団ソリスト

二山治雄/元パリ・オペラ座契約団員

米沢唯/新国立劇場バレエ団プリンシパル

壷阪健登/ピアニスト・作曲家


ロックバレエ2023「ROCK BALLET with QUEEN」

2023年5月17日(水)なかのゼロ大ホール

【1階席チケット】発売中

【2階席チケット】発売中




Comments


bottom of page