top of page

ロックバレエ2023新キャスト、今井智也の最新インタビュー!





― ロックバレエ2023『ROCK BALLE with QUEEN』の

新キャストとして出演されます。初演の映像をご覧になってどうでしたか?


 まず、楽しそうだなと思いました。

バレエダンサーがこういう世界観で踊る機会があまりないので。

 じつは、矢上恵子先生の振付でバルナのコンクールを受けた

ことがあります。圭吾さんは教え子なので、縁があるのかも。


― 出演依頼を受けた理由は?


 圭吾さんの振付で踊ってみたかった。違うことをやってみたい。

色々なことに挑戦してみたい、という気持ちです。


―ロック音楽はお好きですか?


 X JAPANはよく聴きます。L'Arc〜en 〜Ciel(ラルク アン シエル)

とかも昔よく聴いていた。


― QUEENの音楽についてはどうですか?

 ソロで踊られる「The Show Must Go On」は特に有名ですが、

改めていかがですか?


 今はあまり音楽を味わっている余裕がなくて(笑)。

振りと音のカウントを高めて、早く身体に入れたいですね。


― ロックバレエ2023のキャストで、共演したことのあるダンサーは?


『白鳥の湖』で唯さんと2018年に共演しました。

唯さんは黒鳥で僕が王子役でした。僕は滋賀県出身ですが、

名古屋の塚本洋子先生のクラスにも通っていて、唯さんは

小さい頃から飛び抜けて上手かった。

 その頃から知っているので、いっしょに組める日が来たんだ!

と感慨深かったです。


― 唯さんのすごさとは?


 本当にすごい人って、綺麗に上手に踊れるだけじゃない。

引っ張ってくれるというか、相手の空気感とかすぐつかんでくれて、

スッと役に入り込める。いっしょに会話を交わしている感覚。


― 2022年12月の谷桃子バレエ団『 レ・ミゼラブル』で

主演された、ジャン・バルジャンは、本当に圧巻でした。


 リハーサルのときから役に入り込めていたので、

その期間ずっと楽しかった。この世界に再び入れたのは嬉しかったです。

 初演のときに観てくれたお客様から「すごく良かった!」という

声をいただいて、また12年ぶりに再演できることになって、

年齢を経てからの演技も楽しかった。

 ちゃんと演じられた、という実感が持てました。


― 前回のインタビューで、ターニングポイントとなった舞台は

2005年の谷桃子バレエ団『ジゼル』とおっしゃっていました。


 20歳のときで、主演デビューでした。

全幕を踊ったことはありましたが、王子の演技は分からないし、

腕を伸ばすだけでNGが出て、どうすればいいの?って(笑)。


 それまで、バレエはテクニックがすべてと思っていました。

僕にとって、ピルエットを何回転できるかの世界だった。

でも『ジゼル』を踊って、これがバレエなんだと。

演技って面白い!バレエの面白さにハマってしまいました。

― その前に、10代でバレエ留学されていますよね?

 中学2年の14歳のときです。先生に勧められて、

英国ロイヤル・バレエ・スクールのサマープログラムに

参加しました。先生も同行するはずだったのに都合が

つかなくなり、僕ひとりで行くことに(笑)。


電車には一人でなんとか乗れましたが、

そこからもかなり距離があって。どうやってたどり着けるのか

途方にくれて、地図を手に大泣きしていました。

そのとき親切な方が声をかけてくれて、その人の車で目的地まで

連れて行ってくれました。いい人で本当に良かった(笑)。


― 15歳でいきなり単身留学は心細いと思います。


同じクラスの先輩の江上悠さんに、すごく助けられました。

一年目はスカラシップをいただきスクールで学び、

2年目にカンパニーからアプレンティス(研修生)をいただき

カンパニーの舞台に数多く出演させていただきました。


3年目にバレエ団に入れるかもしれない。

でもダメだったので帰国を決意しました。


― そもそもバレエをはじめたきっかけはなんでしょう?


滋賀県の出井幹子バレエ教室で、妹が最初に習っていて、

その発表会を真剣に観ていたり、妹といっしょにバレエの

ビデオを見てる姿を見て母親にすすめられた。


― 続けられた理由はなんでしょうか?


周囲のみんなが応援してくれたから。

幹子先生はレッスン料を受け取らなかったんです。

私は男の子を教えられないからと。

 学校の先生も個別で英語を教えてくれたりして、

周り人に恵まれました。

自分のために踊るというよりは、応援してくれる人たちが

いたからそれに応えたかった。その気持ちが強かったです。


―ご両親はいかがでしたか?


母親はもともと舞台が好きだったんですが、

父親は最初反対していました。

でも、17歳ぐらいからコンクールで賞を取れるように

なって、応援してくれるようになりました。


― 踊りへのモチベーションはどう保っていますか?


負けず嫌いなので。同世代には誰にも負けたくない(笑)。


― ダンサーで良かったと感じるときは、どんなときですか?


カーテンコールですね。やはり観てくれるお客様がいるから

こそなので。


― ロックバレエの再演を、とても楽しみにしているという

お客様の声もすでに多くいただいています!

リハーサルはまだ3回目ですが、圭吾さんの振付で

踊ってみていかがですか?


ひと言で言うと、楽しい!

「やりづらいところがあったら言ってください」って

言ってくれましたけど、圭吾さんが考えた振付が、

やりづらいわけがないんです。


 本当にやりたいことをやってほしい。

すごくいいものができるはずだし、僕はやりたいから。

振付家の世界観をちゃんと表現したいと思っています。


ロックバレエ2023『ROCK BALLET with QUEEN』

2023年5月17日(水)なかのゼロ大ホール


Comentários


bottom of page