検索
  • ask751

熊谷拓明が古典バレエの原作に挑む!ダンス劇『マリーの夢』



三大バレエ『くるみ割り人形』の原作として知られるホフマン原作の童話「クルミわりとネズミの王さま」を題材に、熊谷拓明が作・演出・振付を担うダンス劇が開催される。


キャストは、鴨川てんし(燐光群)、ATSUSHI(Blue Print)、岡本優(TABATHA)、中村蓉、と踊る「熊谷拓明」カンパニーの東出宜子/原佑介/稲葉由佳利/福島玖宇也が出演。


○熊谷拓明からメッセージ

「小学生の頃から短い脚本を書いて、友達にビデオカメラの前で演じてもらっていました。そしたら今度は中学生時代に出合った「ダンス」に魅せられ、いつしか海外で踊る日々が来て、そしてこれまでに熱中したこと、夢見たことの点と点が繋がり41歳になりました。

 そんな現在、ダンス劇『マリーの夢』を創作する事は僕の生活にワクワクをプレゼントしてくれました。8月にこの作品に出会うすべての子ども達、大人達にワクワクを届けたい」


としまアート夏まつり 2021

子どもに見せたい舞台 vol.15 ダンス劇『マリーの夢』

2021年8月10日(火)、12日(木)~15日(日)あうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター)

https://www.owlspot.jp/events/performance/post_213.html

55回の閲覧0件のコメント