top of page

約6年ぶりの来日!バットシェバ舞踊団『MOMO』



世界的ダンスカンパニーのバットシェバ舞踊団が、オハッド・ナハリンの最新作『MOMO』(2022年初演)を携え、約6年ぶりの来日を果たす。演出・振付のナハリンは1990年に同舞踊団の芸術監督に就任以降、次々に話題作を発表。

独自のムーヴメント・ランゲージ「Gaga(ガガ)」を考案し、近年ではドキュメンタリー映画『ミスター・ガガ 心と身体を解き放つダンス』で注目を浴びた。


また、ネザーランド・ダンス・シアター、リヨン・オペラ座バレエ団、パリ・オペラ座バレエ団など、各国の著名なダンスカンパニーやバレエ団に作品を提供。世界で最も注目されている振付家のひとりである。


アメリカの前衛芸術家ローリー・アンダーソンとアメリカの弦楽四重奏団クロノス・クァルテットが共同で制作したアルバム「Landfall」の音楽を中心に、11人のダンサーが力強く繊細なムーヴメントで魅せる70分を堪能したい。


バットシェバ舞踊団『MOMO』トレイラーはこちらから。



バットシェバ舞踊団『MOMO』

2024年1月26日(金)~28日(日)埼玉県 埼玉会館 大ホール

2024年1月31日(水)福岡県 J:COM北九州芸術劇場 中劇場

2024年2月4日(日)滋賀県 滋賀県立芸術劇場 びわ湖ホール 中ホール


Comentarios


bottom of page