菅井円加のコメント到着!大和シティー・バレエ〈SUMMER CONCERT 2022 想像 × 創造 Vol.3〉『続 日本の怪談』





昨年の〈SUMMER CONCERT 2021 想像 × 創造 Vol.2〉『追う者と追われる者』に

続き、Vol.3の『続 日本の怪談』が8月に開催される。


有名な怪談4作品を、前回とは異なる振付家によって、新たに生まれ変わるという趣向。

上演作品は、櫛田祥光・振付の「牡丹灯篭」、池上直子・振付の「雪女」、福田紘也・

振付の「耳なし芳一」、竹内春美・振付の「死神」。そして、草間華奈・振付の

「百華繚乱」の上演が予定されている。


キャストは、菅井円加、渡邊峻郁、牧村直紀、木村優里、木下嘉人

八幡顕光、本島美和、福田圭吾、五月女遥など豪華メンバーが出演。


8月14日の公演に先立ち、ハンブルグ・バレエ団プリンシパルの菅井円加が

コメントを寄せてくれた。


― コロナ禍の影響で、2020年以降のハンブルグ・バレエ団の来日公演が何回かキャンセルとなってしまいましたが、

バレエ団内でどのような変化があったのでしょうか?


 しばらくの間、バレエ団のスタジオレッスンができなくなり、その代わりにカンパニーが支給してくれたリノリウムで

お家バレエ自主レッスンをしていましたが、やはり当時は

自己モチベーションを保つことが難しい日もあったことを

覚えています。

 なのでその日の気分でエクササイズルーティンに少し工夫

をしたりして毎日を過ごしていました。


再びスタジオを使えるようになってからは、毎朝の通常クラスに加えて、ディレクターのアイデアで「Ghost ligh」という新しいクリエーションがはじまって、新しい刺激となりました。状況が少し良くなった今でも、このときのクリエーションは忘れられない思い出になっています。


―コロナ禍によって、ご自身に大きな変化はありましたか?


色々な面で自分自身をよく見つめ直せることができたので、

私は通らなくてはならない道だったのだと思っています。



Yamato City Ballet Summer Concert 2022

想像×創造 Vol.3『続 日本の怪談』

2022年8月14日(日)大和市文化創造拠点シリウス 芸術文化ホール メインホール

https://www.ycb-ballet.com/2022summer