top of page

西野亮廣・著作の絵本『えんとつ町のプペル』がついにバレエに!



西野亮廣・著作による絵本『えんとつ町のプペル』は、発行部数72万部というベストセラーを

記録し、映画、音楽朗読劇、演劇、ミュージカル、歌舞伎と様々なジャンルで開催されてきた。


そして、ついにバレエ『えんとつ町のプペル』が、9月23日と24日に新宿文化センター大ホール

にて上演が決定。振付に宝満直也と、すでに確定していた主演のルビッチ役に竹田仁美とプペル役の

風間自然のほか、スコップ役に八幡顕光(元新国立劇場バレエ団プリンシパル)、レベッカ役に

白石あゆ美(元Kバレエ カンパニープリンシパル)のトップダンサーたちがオーディションに

より決定。


また、本公演は「ファミリー席」 と「ファミリー応援席」が用意されており、0歳の赤ちゃんから

鑑賞できる。幼年期のバレエ鑑賞の体験を機に、幼い子どもたちや家族連れを受け入れられる

バレエ文化の未来につながればという願いのもと、今秋いよいよ、バレエ『えんとつ町のプペル』

の幕が開く。


バレエ『えんとつ町のプペル』

2023年9月23 日(土)、24 (日)新宿文化センター 大ホール

Comments


bottom of page