検索
  • ask751

10月9日の開幕迫る!ローラン・プティ「アルルの女」「デューク・エリントン・バレエ」のダブルビル

更新日:10月2日



牧阿佐美バレヱ団が、20世紀を代表する巨匠ローラン・プティへのオマージュを捧げる

ダブルビルを上演する。本公演は、プティの2001年の初演から20周年となる。


「アルルの女」は、2005年の大阪国際フェスティバルの上演以来、じつに16年ぶり。

「デューク・エリントン・バレエ」は、ローラン・プティが牧阿佐美バレヱ団の創立45周年のために創作した記念すべき作品。初演は2001年の新国立劇場オペラ劇場され、欧州8都市で公演を重ね、2012年新国立劇場中劇場での開催以降、9年ぶりの上演となる。


「アルルの女」は水井駿介/青山季可、清瀧千晴/光永 百花のダブルキャスト。

「デューク・エリントン・バレエ」は『The Opener』で菊地研が幕を開け、

「It don‘t mean a thing」や「Take the “A” Train」などエリントンのヒットナンバー

 10曲以上の楽曲に乗せて踊る。





 ローラン・プティ没後10年を偲ぶ特別公演

「アルルの女」「デューク・エリントン・バレエ」

 2021年10月9日(土)、10日(日)新宿文化センター大ホール

https://www.ambt.jp/pf-soiree-roland-petit/

29回の閲覧0件のコメント